週刊ブログ 反論一喝!
きまぐれなペースで反論を書き綴っていくブログです。(ただし号外あり)毒舌かつ反論を綴るという性質上、すねに傷のある者にとっては耳に痛いことも書いていきますので該当者は戻るボタンで立ち去る事。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭が㌧㌦
問題のブログ


>「荒らしで壊れた雰囲気を和ませるために、堅い話ばかりではなく、何か笑い話も必要ではないか?」

こちらも(ブラック?)ユーモア溢れる話でもしようかしら。

>バラエティ番組など見ていて腹が立つ方だし、
>仕方がないのでユーモアを交えて過去の失敗の思い出でも綴ってみようと思う。

どういう育ち方をしたらこういう人間になれるか教えて欲しいものである。

>若い頃(今でも心は若いつもりだが)、私は有り余る若さと情熱をもって喜劇小説を執筆していた。

今でも精神的には5歳児となんら変わりないですが・・。

>タイトルは「俺たちコンドルズ!」である。

こういうネーミングセンスなら
いまのブログのタイトルは、「俺の脳みそブッ㌧㌦ぜ!」に改名した方が良いような・・。

>国会議員から小学生までの個性溢れるメンバーで結成された弱小草野球チーム、
>コンドルズが強豪チームブラボーズとの試合に臨むというストーリーだが、
>そこに市会議員の汚職と暴力団が絡んで大事件へとなっていくのだ。

厨二病の小説かと思うのだが気のせいでしょうか?

>興が乗って、マネージャーの失敗で野球チームではなく歌謡サークルと試合を組んでしまう続編「俺たちコンドルズ!ヘイ!」も執筆した自信作だったのだが、
>投稿したどの小説誌にも相手にされることはなかった(笑)。

これでは無理である・・。
まだ、私が小学生の頃に書いた感想文や文章は表彰物だったり感涙物だったというのに・・・。
(いまだにコンクールの盾が家に残ってるワナ)

>ほろ苦い、青臭い思い出である。

カビ臭いの間違い。
寝てたら新しいネタが舞い込んできた
>愚かな話である。

ネズミを馬鹿にするとツブされますよ。

>愉快な気分を売る者が愛煙家を不愉快にさせて何が楽しいのか。

アメリカでは急速な禁煙活動が進んでいます。
日本はそれを見習っておりますが、おまぬけな人が多く
なかなか思うように進みません。
要するに、愛煙家は優柔不断な人種。

>これだからアニメは・・・。

これだからこのブログの主は・・・

>とりあえず、無職を連想させる名前の熊の描かれたバスタオルと茶碗を捨てることにした。
>貰い物なのだが、こうなると不愉快千万である。

ここまで来るとキチガイです。
本当にありがとうございました。
物は大切にしましょうってお母さんに教わらなかったのですか?


>そして山口県で凶悪犯罪を犯した元少年はやはりロールプレイングゲーム感覚のゲーム脳であったという話。

親の教育が行き届いておらず、
「子供の言いなりになる親」が育てた子供のいい見本である。

>さもありなんと言ったところか。
>冷酷さがいかにもである。

生暖かい目で見守る努力をしましょう。

>遺族である旦那さんのためにも、ゲーム脳のおたく族を牽制するためにも、極刑をお願いしたいところである。

更正させて、一から教育をした方がその子のためでもあるし
少子化問題で働き手が足りない日本にはよっぽど効果的である。
多分閑散としている店なんだろう
問題の(ry

>脱サラを果たし、一国一城の主となって、気付いたことがある。

なのにこんな低俗な記事を書けるんだから
儲かってないのが見え見えである。

>お客様は神様ですという言葉が嘘、もしくは青臭い理想論だと言うことだ。

所詮、芸能人の戯言ですから

>例えばある男は、店員さんの確認ミスから既に入荷していた商品を未入荷と報告されて、当日に商品を受け取れなかったという実に些細な事を、決して許そうとせずに、意固地になっている。

お客なんてそんなモンです。

>この男、注文した以上代金は払うが、商品はもういらないと言うのである。

いいお客さんじゃないですか

>こいつはそのままハイそうですかと言って帰すと、インターネット上で店や店員の悪口を名指しで書く常習犯なのだそうである。

まぁ、このブログの主はお客さんの悪口を書きまくってますがね。

>安倍総理はクレーム禁止法でも作ってくれないものか。

安部ちゃんにゃ無理でしょ

やっぱりこのブログはどこかおかしい
問題のブログ

>明日、息子の学校に陳情の電話をかけることになった。
>図書室を浸食するおたく族向け文庫小説の撤去を求めてのことである。

俗に言う、教師を悩ませる親の典型である。


>ハンカチ王子やハニカミ王子はいいが、監禁犯という犯罪者に王子をつけるとは何事であろうか。

マスコミに洗脳された人の典型です。

>その監禁犯は裁判の間反省する様子も見せずおたく族向けの文庫小説を読み耽っていたという。

人の趣味は邪魔をせず傍観しましょう。
あなたの趣味こそ最悪です。

>おそらくはこうした本の影響が無意識下に染み付いての犯行であろう。
>恐ろしいことである。

理性と欲求を抑える心を育てなかった親にこそ問題があると思われ。

>だいたい、こういうものを法廷に持ち込んでいいのか?

はい、証拠物件ですから

>日本の法律はhttp://blog115.fc2.com/admin/image/smaller.gif
[文字を小さくする] おたく族犯罪者に甘すぎてならない。

こういうおやじにも甘いですけどね。

>ニュースを見ながらそう憤っていたのだが、
>息子がふと「この本は図書室にある」と言ったのだ。

息子は間違いなく愛読者。

>有害なコンテンツからの防衛を講じるべき学校が内部に毒を取り込んでいることにだ。

本はお友達です。

>一方で、日進月歩であるはずのスポーツ教本の類は、10年も前の本が最新で、
>新しいのを入れて欲しいという要望はあまり聞き入れて貰えないという不公平があるという。

すいません、一冊の単価が恐ろしく高いんですよ
あなたがお金を出してくれますか?

>軽く陳情し、是正されないようであれば、他の保護者の皆さんと共に対策委員を結成するつもりだ。
>今年の夏はいつにも増して忙しくなりそうだ。

俗に言う、給食費を払わないけど文句は言う親と一緒である。

>学年主任の先生は、快く引き受けてくれた。

先生、ご苦労様です。
違う意味でご愁傷様です。

なんとかにブログ
問題の記事
>唯一無二の評価基準である、政策という一点において、
>私は、自民以外の選択肢は考えられないと思うが、
>皆さんはどうだろうか。

ちなみに、これが本当の
「口を酸っぱくして説明しても、分かろうとしない罪」
である。

どこどこ政党の選択肢は~と決めつけてしまう行為は
また、大衆の目にさらされるブログ上でこういう行為を行う事は
公職選挙法違反である。
手が後ろに回らないうちに記事を削除するべきである。


>追記
>指摘者と名乗るたわけ者よ、君は支持政党が違うという理由で、
>真面目にやっている職員さんたちの首を切れとのたまうのか。
>そして私にもそのように下衆にふるまえというのか。
>大馬鹿者!
>君のような者に投票権を持って欲しくないな。なんとかに刃物だ。

公職員の9割は自堕落です。
天下りに資金隠し、各種諸々の犯罪行為
公職員くらい犯罪の温床はありません。

下衆はあなたです。
大馬鹿者もあなたです。
あなたみたいな人が選挙で投票をするから日本が腐ってしまうのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。